じゃりン子チエ(60)のpageですよ。

「当分休養させていただきます……カルメラ亭」の張り紙。
聞けば、運送屋もたのまんと、晩に荷物を運び出したという。
テツはすっかり夜逃げと早合点。
「ロクなことしてないと、他人のこともロクなふうに考えん」とは、おバァはんの達見。
これでまた、ひと騒動で滅茶苦茶や!?春休み最後の日、誰にも邪魔されることなく、のんびり休みたいチエは、小鉄を見張りに立て、ひょうたん池で完全休養をとることにした。
その光景を見た作詞家センセイは、少女の淋しげな姿に胸をうたれる、が、このセンセイがクセありで、そこに愚テツがからむから……。
「酒やめるくらいやったら人間やめる」という花井先生が入院すると聞いたテツは、猫にマタタビ、酒呑みに「越後のとどめ」、テツに小銭の例えの「とどめ」を持って見舞いに行くことにした。
当の先生、あっという間に退院。
見舞いの酒に大喜び。
だがテツの気持ちが納まらない。
テツが新聞記者? 実は丸太くんが学校新聞にのせる記事のインタビュアーを無理矢理とってしまったというわけ。
ヤクザに話を聞いたりと相変わらずの振る舞い。
近所の人に聞いてみい「テツについてひと言」と。
とんでもない答えがぎょうさん返ってくるで。
テツやってみい。
「ワシ抜きで盛り上がったらイカンど」テツの口ぐせ。
そのくせ、いつもひとりで盛り上げてばっかり。
そんなテツの周辺にただならぬ雰囲気が伝わってきた。
ムチャクチャに強い男が嵐のように現れた。
テツとの対決はあるのか? テツより強い男がホントにいるのだろうか?続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60006798