[コミック雑誌版]御用牙第5話です。

“江戸北町奉行同心板見半蔵・かみそり半蔵の異名をもって天保の巨悪に牙をむく!”――半蔵は正覚寺で行われているという「もぐりの子おろし」を取り調べるため寺を訪れたが、その境内で、半蔵の部下・小四郎が持っていた竹馬が槍にぶつかったと武田の血を引く八王子千人同心十人組頭・鐘巻武太夫に果し合いを申し込まれる。
槍の名手と十手の鬼! 無骨なさむらいの魂、触れあうものはあるか!?“江戸北町奉行同心板見半蔵・かみそり半蔵の異名をもって天保の巨悪に牙をむく!”――三橋会所の頭取・杉野茂十郎の駕籠に、「親のかたき!!」と切りかかった幼い兄弟がいた。
ふたりが返り討ちにならんとしていたその時、半蔵がちょうどそこを通り掛かった。
ふたりに事の次第を聞いた半蔵が出した正義の答えとは!?“今夜も人知れず出動する黒衣のヒーロー!!”――床下の忍者密かな誇り。
密命を帯びて屋根裏を駆ける! 使うか使われるか闇の軍団。
情報戦を制した者が、戦国の世も制したというが…。
“加賀百万石に秘録あり! 雪を献上する大藩の行事の影に…”――加賀百万石・前田家江戸屋敷には“お雪献上”という贅沢な年中行事があった。
宝永3年の2月厳寒のこと。
“雪”の警護役で江戸出仕の若き美剣士・中条靱負を待つ新たな役目とは!? また、靱負が背負う悲しき運命とは一体!?“剣聖・宮本武蔵の伝承は数あれど、死に際の五輪の剣とは…!?”――「我こそは剣聖・武蔵を倒す」と功名にはやる武者修行の若者が武蔵の元を訪れたが、彼は武蔵の描いた手すさびの絵を見ただけで、その腕前を知りきびすを返した。
そこで武蔵は、その若者に五輪の書を与え、「その理を悟った時こそ」と手合わせの議を約したのだが…。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60007637