こゝろについてのpage

この作品は後期三部作の終曲であり、漱石文学の絶頂をなす。
誠実ゆえに自己否定の試みを、自殺にまで追いつめなければならなかった漱石は、そこから「則天去私」という人生観にたどりつく。
明治四十三年の夏の伊豆修善寺での大患は、漱石にとって一つの思想的転機を意味した。
『思い出す事など』でその病中の心境を、『硝子戸の中』ではその後の心境的発展を静かな澄明な筆致で綴る。
「私は東京都民を誘拐する計画をたてた。
もちろん、一千万人全部をだ。
身代金は十億円!」警視庁捜査一課の十津川警部が捜査にのりだしたが…。
犯人と十津川の息づまる対決!金曜日の深夜、二週続けて若い女性の全裸暴行殺人事件が発生した。
十津川警部の指揮のもと、必死の捜査を開始。
そこへ犯人からの殺人予告状が舞い込んだ。
ベストセラーの文庫化!十津川の部下の清水刑事が結婚し、鳴子温泉から最上川下り、日本海の温泉を回る新婚旅行に出た。
同じルートをたどるもう一組の新婚カップルの夫が別の女性と一緒にいるのを目撃、その女性が殺された。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60008146